old-Projection Mapping

プロジェクションマッピングとは?

「プロジェクションマッピングの魅力」
 プロジェクションマッピングとは、実物(リアル)と映像(バーチャル)をシンクロさせる映像手法で、その両者の融合が生み出す魅力的な世界観はいま世界中で注目を集めています。映像やコンピュータグラフィック等をスクリーンのような平面に単純投映するのではなく、建築や家具などの立体物、または凹凸のある面にプロジェクター等で投映する。その際、映像等の素材にはスクリーンとなる対象と同じ立体情報や表面情報を持たせ、投射の際にぴたりと重なり合うようにさせます。すると、その映像の動きや変化で、対象物が動いたり、変形したり、または自ら光を放つ様に感じさせる幻想的で、錯視的な映像表現でもあります。
 プロジェクションマッピングの「マッピング」→「マップする」とは、投映対象の表層に映像という素材を貼り合わせる、という意味があります。それよって対象が持つパーツ・凹凸といった情報を利用しながら、映像による光や陰影を与えることで、対象が持つ様々な情報がある時はより立体的に、そしてあるときは全く別の表情を浮かび上がらせ、更には動かないはずのモノが本当に動いているかの様なリアルな立体感、空間感を表現することができるのです。

 プロジェクションマッピングが注目を集めているは、単純に珍しい表現という以上に、楽しく夢のある表現という点があります。
この表現を奇を衒ったモノ、そしてどこにでもある模倣的な狭い表現手法で終わらせるのではなく、より創造的で、常に新鮮な表現や感動を生み出すことは、プロジェクションマッピングだけではなく、映像業界全体としてもとても重要なことです。

「プロジェクションマッピングの考え方」
 プロジェクションマッピングは、映像を使った光の表現です。プロジェクターを使った映像は基本的に単一の光源(複数の場合も有り)から放たれる様々な情報を持った光ですが、この光をプロジェクターが置かれた位置からの光源ではなく、まったく別の角度からの光が当たっているように演出することで、映像を受けた対象に様々な立体感や空間感、現象や表情を与える仕掛けを生むことが可能な表現です。