4/25にプロジェクションマッピングのシンポジウム

2013-04-23 03:04:37

4/25にプロジェクションマッピングを含んだシンポジウムが行われます。
有料の企画ではありますが、PMAJ代表の石多もプレゼンテーションを致しますので、ご興味ご都合のつく方はご参加下さい。
当日はUSTREAMでの中継もあるようです。

=============================

映像新時代を担うS3D投影技術と多数の実践例を紹介
【S3Dプロジェクションマッピング・シンポジウム】

主催:三次元映像のフォーラム・三次元映像学会 (兼103回研究会)
後援・協力:クリスティ・デジタル・システムズ

【趣旨】最近は、平面に映像を投影するばかりではなく、建物や造形物など凹凸のある特殊な形状の面や、また様々な色彩の壁面にプロジェクションする手法が広く使われるようになってきました。特に、その形状などの特性を活かした映像を構成し、空間的な広がりを感じさせる、より迫力のある、また臨場感のある映像空間を生み出しています。昨今では、大きなイベントをはじめ、展示、教育などの目的にもプロジェクション・マッピングが広く使用されるようになって来ています。また、これを実現させるための様々な機器、ツールソフトなどが開発されてきており、一段と使いやすくなってきています。本シンポジウムでは、その一端をご紹介します。 また、展示デモでは、映像の中に入れるVR空間(仮想世界)を実際に体感して頂ければとも考えています。
*****************************************
【日時】 平成25年(2013年)4月25日(木)
【受付開始】 9:00~(クリスティ・デジタル・システムズのショールームにて)
【体験見学】 午前9:30~13:30、1階(クリスティ・デジタル・システムズのショールームにて)
【講演時間】 13:00~17:00
【講演会場】 有明フロンティアビル A棟 4階 会議室
【住所】 東京都江東区有明三丁目7番26号
【地図・アクセス】 http://www.tokyo-teleport.co.jp/b/ariake/access.html
【最寄駅】 ゆりかもめ「国際展示場正門」駅、りんかい線「国際展示場」駅、都営バス「国際展示場正門駅」 より徒歩5分

【会費】 3Dフォーラム会員無料、一般3000円(資料・DVD代含む:当日会場にてお支払い下さい。)
メディアの別売も致します。頒布価格:2500円
【定員】 80名(事前登録をお願い致します。定員になり次第締め切ります。)
【登録】 hagura@hyper.ocn.ne.jpにて登録をお願います。「PMシンポ申込み」と記して下さい。
(氏名、所属[企業、大学、研究機関、部署等]、連絡先[電話、E-Mail等]をお知らせ下さい。)
【連絡】 三次元映像のフォーラム (担当:羽倉)、協力:クリスティ・デジタル・システムズ
【HP】      www.s3dforum.com 【UST】 www.ustream.tv/recorded/13050932
【書籍】 www.asakura.co.jp/books/isbn/978-4-254-20151-2/
www.asakura.co.jp/G_12.php?isbn=ISBN4-254-20121-4
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《プログラム》                        座長:羽倉 弘之 (三次元映像のフォーラム:代表幹事)
13:30~14:00 講演 1     『最新プロジェクターが活躍する世界の現場事例と未来の形』
吉田 ひさよ (クリスティ・デジタル・システムズ)
14:00~14:30 講演 2     『3Dプロジェクションマッピング(仮題)』
浦島 啓 (3DPM ASIA)
14:30~15:00 講演 3    『ムービングプロジェクターによる空間演出』
根岸 康雄 (東芝エルティーエンジニアリング)
15:00~15:15 休憩     コーヒーブレイク

15:15~16:00 講演 4     『プロジェクションマッピングの拡がるフィールド』
石多 未知行 (プロジェクションマッピング協会)
16:00~16:45 講演 5     『プロジェクタを活用した映像表現の多様性』
杉森 順子 (愛知工科大学)