ビジュアルメディアエキスポ

ビジュアルメディアExpo

2011-11-19 18:03:26
ビジュアルメディアエキスポ

ビジュアルメディアエキスポ

 

 

12/7~9にパシフィコ横浜にて行われる展示会に、プロジェクションマッピング協会が出展します。

プロジェクションマッピングのデモンストレーションやこれまでの国内外の事例のご紹介、また12/8にはPMAJ代表の石多が講演を行います。

入場無料の展示会となっておりますので、是非この機会に足をお運び頂き、プロジェクションマッピングに触れて下さい。

 

 

 

 

 

「映像(ビジュアルメディア)の多様性そして新たなる提案」

2009年より続々と公開されている3D映画、そして2010年は3Dの本格的普及、また、駅やショッピングモールの大型看板や銀行や病院での案内表示にも利用されているデジタルサイネージなど、デジタル技術、デバイスの発展とともに、映像は爆発的な情報増加と多様性でわれわれの生活を大きく変えつつあります。

本展示会は映像制作、電気・情報・通信、アミューズメント、学校、広告などさまざまな業種から来場者が集まり、また、出展社間、クリエイターとのビジネスコラボレーションが盛んなことが特長として挙げられます。

2011年、本展示会は「立体Expo」から「ビジュアルメディアExpo」と名称を変え、3D映像はもとより、より幅広い映像システムとコンテンツの相乗発展を目指し、開催いたします。

本展示会はアミューズメント、映像・コンテンツ制作に関連する方々をはじめ、世界最大規模の「画像処理の展示会」である国際画像機器展、レーザー・ナノテクノロジーをはじめとした先端光技術の展示会、先端光テクノロジー展と同時開催し、連携をより深め、映像コンテンツ制作の現場を支える、さまざまな技術、デバイスまでをも網羅した展示会として集客を行ってまいります。

これまで好評だった「3Dシアター」、さまざまな視点・テーマのセミナーなど集客に向けた企画を多数予定しております。

概要
名称 ビジュアルメディアExpo2011(立体Expo改め)
期日 2011年12月7日(水)~9日(金) A.M.10:00~P.M.5:00
会場 パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1-1) ホールC,D
主催 アドコム・メディア株式会社

協賛
立体映像産業推進協議会
3Dコンソーシアム
超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム

 

展示内容

【特別コーナー】 デジタルサイネージ・AR/VR・コンテンツ制作
多様に広がる映像メディアの中でも注目されると思われる、3つのカテゴリーを集めた特別コーナーを設置いたします。関連企業の皆様でのPRに絶好の機会です。
※このコーナーでのご出展をご希望の場合は出展申込書にその旨をご記載ください。

 

【3D映像を含む映像システム・機器・コンテンツ】

表示装置
映像モニタ、プロジェクタ、LCD・PDP・LEDディスプレイ、ヘッドマウントディスプレイ、大型映像システム、その他周辺機器

出力システム
音響システム、触角・力覚ディスプレイ、サーバシステムなど

入力システム
モーションキャプチャシステム、3次元デジタイザ、スキャナ、計測システム、距離センサなど

撮影システム
カメラ、レンズ、照明、その他周辺機器

編集・制作システム
ノンリニア編集システム、映像合成システム、CG制作システム、その他関連ソフトウェア・周辺機器

アプリケーションソフト
AR・VRソフト、3次元モデリングツール、シミュレーター、Web3D、映像処理・編集ソフト、変換ソフトなど

コンテンツ
その他:関連書籍、関連ソフト・サービスなど

 

プロジェクションマッピングコーナー

近年、広告やアートの世界で注目を集め日本でも話題になっている「プロジェクションマッピング」を大々的に取り上げたコーナーを開設いたします。

プロジェクションマッピングとは、プロジェクターを使って建築のファサードや立体物にそれと同様の情報を持った映像を投影し、あたかも対象物自体が自ら光ったり動いたりしているように見える最先端の新しい映像手法です。
リアルな実物にバーチャルな映像を組み合わせる「プロジェクションマッピング」 「リアルとバーチャルの融合」で、動かないはずのものを動かしたり、対象が意思をもって光を放つように見えたりと不思議な現象を創出し、夢のある空間を演出することができます。

日本でも、この新しい映像手法の普及・促進を目的にプロジェクションマッピング協会(PMAJ)が設立され、今後の展開に期待が高まっております。


今回、この映像手法の可能性の一端をお見せする場として、ビジュアルメディアExpo内に『プロジェクションマッピングコーナー』を開設するとともに【VMEセミナー】にて、プロジェクションマッピングのこれまでの流れと今後の可能性についての講演を行います。 ぜひ、ご来場いただき、実際の映像をご体感ください。

12月8日(木) 11:30~12:20
リアルとバーチャルの融合『プロジェクションマッピング』
石多 未知行氏(プロジェクションマッピング協会(PMAJ)代表)

講演者経歴

武蔵野美術大学 空間演出学科卒業
映像作家、空間演出家として数多くの舞台やイベント等を手がけ、国内外で活動。
ロンドン滞在時に出会ったプロジェクションマッピングに衝撃を受け、日本でも、いち早くこの手法の大規模な企画に取り組み初め、2011年7月、プロジェクションマッピング協会PMAJ設立。

その他詳細はこちらへ