武蔵野美術大学でのプロジェクションマッピングテスト

2011-10-29 09:45:56

10/30-31に、武蔵野美術大学の学生によるプロジェクションマッピングが行われます。
芸術祭での企画として行われるショーですので、明るい時間から訪問して楽しんで頂けます。

武蔵野美術大学でのプロジェクションマッピングテスト

学生初!大規模プロジェクションマッピング『Mau Mapping』

武蔵野美術大学映像学科4年生の5人で構成されたチーム「Rassell」
今回、校舎の壁にProjection Mappingという手法を使い、空間パフォーマンスを行う。

「Projection Mapping」とは映像を投影する機材プロジェクターを建物の壁面などに投影して別の物体、 物質にする手法です。
近年海外の企業などではこれを商品の宣伝方法の一つとして使っています。

『Mau Mapping2011』

日時:2011年10月30日(日)2011年10月31日(月)全2公演
武蔵野美術大学芸術祭内の中央広場にて
公演時間:※両日時間が異なります

2011年10月30日(日)
19:00 投影開始
19:15 終演

2011年10月31日(月)
18:50 投影開始
19:05 終演

「Rassell」メンバー:
小谷野五王
増田翠
宮川拓也
吉田秀人
関口アナム

会場  :武蔵野美術大学中央広場(美術館の壁に映像を投影致します)
入場料 :無料
芸術祭web :http://geisai.jp/index.html
アクセス :・西武国分寺線「鷹の台」駅下車徒歩約20分
・JR中央線「国分寺」駅北口徒歩3分、「国分寺駅北入口」停留所より「武蔵野美術大学」行または「小平営業所」行に乗車(バス所要時間:約20分)

主催  :「Rassell」
協力  :株式会社シネ・フォーカス
後援  :プロジェクションマッピング協会

お問合せ :masuda.mmm@gmail.com (広報担当増田)