MAPPING SALON#05の開催決定!

2017-11-09 13:41:12

MAPPING SALON#05お待ちかねのMAPPING SALON#05の開催が決定致しました!
テーマは「アイディアはどこから来るのか??」
本日より参加者受付を開始いたします。このサロンはどなたでも参加できます!
今回は、素晴らしい発想力の持ち主である豪華ゲスト3名を迎えてお送り致します。
新年へ向けて斬新で魅力的なアイディア作りのヒントを見つけに来てください!

!!!この3名が揃うのは今回のMAPPING SALONだけ!!!

☆このアイディアってどこで生まれるの?
『ネタ帳』の中身がとても気になる佐藤ねじ氏。

☆オリンピックに映画、音楽ステージなどオールマイティーな
活躍で、次回作が気になる橋本俊行氏。

☆AIの開発話やこれからの進展など、人工知能(AI)のことなら
日本のパイオニア佐藤聡氏。

MAPPING SALON後、17時より交流会を予定しています。
情報交換をしておくことで視野が広がり、思ってもみない方法が発見できるかもしれません。

参加人数が限られていますので、是非お早めにご予約ください。

 

*** MAPPING SALON #5 ***

・日程:2017年12月16日(土)
・開場: 13時30分〜
・開演 :14時〜17時
・場所:(一財)プロジェクションマッピング協会 ギャラリー
     東京都渋谷区桜丘町29−35 渋谷Dマンション501(渋谷駅より徒歩約5分)

☆ゲストスピーカー

sato-neji
佐藤 ねじ(株式会社ブルーパドル代表/アートディレクター/プランナー)
1982年生まれ。面白法人カヤックから独立し、2016年7月に株式会社ブルーパドルを設立。
『変なWEBメディア』『5歳児が値段を決める美術館』『Kocri』『くらしのひらがな』『レシートレター』『しゃべる名刺』『貞子3D2』など、様々なデジタルコンテンツを量産中。2016年10月に著書「超ノート術」を出版。主な受賞歴に、文化庁メディア芸術祭・審査員推薦作品、Yahoo Creative Award グランプリ、グッドデザイン賞BEST100、TDC賞など。

 

1012_hashimotosan_ra22529
橋本 俊行(aircord / The Shift プロデューサー&クリエイティブディレクター)
1980年生まれ。テクノロジーやデザイン、サイエンスやクリエイティブなど垣根を超えた活動を行なっている。受賞歴はCannes Lionsゴールド、D&ADイエロー・ペンシル、文化庁メディア芸術祭優秀賞など。実績は、2012年、NIKEの展覧会”NIKE FREE SUPER NATURAL RIDE”、2013年、東京駅で行われた”TOKYO STATION VISION”、DENKI GROOVEのツアーVJ、2015年、日産社のコンセプトカー”TEATRO FOR DAYS”、2016年21_21 Design Sightで行われた”デザインの解剖展”、2017年、東京都庁で開催された東京2020オリンピック関連イベント「TOKYO VISION GAMES 」、大根仁監督「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」など多種に及ぶ。

 

佐藤
佐藤 聡(株式会社クロスコンパス代表)1964年生まれ。1989年東京理科大学工学部機械工学科ロボット研究室で初めてニューラルネットに触れ、人工知能を用いた自動演奏を実現すべく株式会社ローランド入社。その後、多種多様なシステム構築・経営に従事。日本初の100% Pure Java認定ソフトウエア開発等。2011年人工知能に特化した株式会社クロスコンパスを創業、2014年10月に代表取締役に就任。また、2017年10月に設立が発表された「日本ディープラーニング協会」の理事ならびに「産業活用促進委員会」の委員長に就任。誰もがAIを活用できる社会の実現を目指す。

 

☆モデレーター

ishikawa
石川 幸宏(▶HOTSHOT ファウンダー/編集長)
プロ映像制作技術の専門家として、大手メーカー製品のPRやSP(セールスプロモーション)のスーパーバイザー、コンサルタントとして活躍、また各種セミナーや映像関連イベント、映画制作などにおけるプロデュース、プランニング事業などを手がける。 映像技術専門のジャーナリストとして20年以上のキャリアを持ち、これまでビデオサロン、ビデオα、コマーシャル・フォト、月刊ニューメディア、PRONEWS等に寄稿多数。
2016年秋より、ハイエンド映像クリエイティブのためのフリーペーパー&Webの新スタイルメディア▶HOTSHOT”のファウンダー、編集長として就任。

  

Ishita_03
石多 未知行(PMAJ/代表)
映像を光として捉え、空間をダイナミックに演出する手法(ビジュアルライティング)を用い、国内外で幅広く活動。近年はプロジェクションマッピング(PM)を中心に展開し、専門の団体設立やネットワーキング等、その普及促進に寄与している。国内初のショーとしてのPM、日本で唯一の国際コンペ等の企画やプロデュース、国内初のPM企画展、そしてビジネスとしてのPMから、地域活性事業、講演、ワークショップなどの人材育成等、幅広い活動をしている。アートと町のこれからの在り方を見据えた活動も展開している。
本年もリヨン「光の祭典」12月7〜10日の視察報告をいたします。 

・定員:先着35名程度
・料金:会員 ¥3,000 / 一般(学生含む) ¥4,000
*サロン終了後、17時より同会場にて交流会を開催いたします。(会費¥2,000程度)

【お申込み・お問合せ】
以下の内容を添えて info@projection-mapping.jp まで、お申し込みください。
件名: 『MAPPING SALON #5申込』
・氏名
・電話番号
・会社名と職種(学生の場合は、学校名と学科)
・参加種別(会員 or 一般)
・懇親会への参加・不参加