「MAPPING SALON #4」の開催が決定!

2016-11-30 18:26:28
mapping-salon4

『MAPPING SALON#4』は定員になりましたので申込受付を終了いたしました。キャンセル待ちを受け付けております。

 

 

お待たせいたしました!

1年ぶりとなりますが、皆様お待ちかねの「MAPPING SALON #4」の開催が決定いたしました。
今回のテーマは『Think about next phaze of Projection Mapping!』
そうです!プロジェクションマッピングの今後について深く語ります!ゲストスピーカーはプロジェクションマッピングに精通したこちらの3名に決定!!

海外・国内問わずアーティスト活動やマッパソンの創設者、コミュニティーマネージャーとして活躍されているCHiKA氏。

国内外で数多くのプロジェクションマッピングを始め、様々なビジュアル演出を手掛けるクリエイティブカンパニーNAKED Inc.のプロデューサー大屋友紀雄氏。

先日小田原城で展示がスタートしたPMAJの「花伐つ鎧」のプロジェクションマッピングを手掛け、他にも様々なメディアコンテンツのプログラミングから映像ディレクションまでマルチな才能を発揮している土肥武司氏。ARやVRを含めた現在の先端ビジュアル表現事情について語っていただきます!!

さらに、モデレーターも務めるPMAJの石多が12/8〜10にフランスのリヨンで行われている光の祭典へ視察に赴きます。世界最古とも言われる400年以上の歴史を数える光の祭典「La Fête des Lumières」はプロジェクションマッピングを含め、世界中から様々な光のアーティストやその作品が集まっている大きな祭典です。国内外のクリエイターと繋がってきている石多ならではの考察、ヨーロッパの先端アート事情や潮流について掘り下げていきますので、こちらもお楽しみに!

司会進行は、25年に渡りプロ映像業界系のメディアに執筆経験を持つ石川幸宏氏と、PMAJ代表の石多が務めます!この二人がゲストと会場の皆さんをつなぎ、サロンを盛り上げてまいります。

プロジェクションマッピングの新たなる可能性、現状からどのように発展していくのかなど様々な視点でお話が聞けるまたとない機会です。
今回は会場の都合上、少数人数での開催となりますので、参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。ぜひお誘い合わせの上、皆様のご参加をお待ちしております。

 

【ゲストスピーカー】
CHika02
CHiKA(IMAGIMA)Artist / Art Educator / GarageCUBE
ニューヨークのスクールオブビジュアルアート大学の写真学科、ニューヨーク大学院のインタラクティブテレコミュニケーション学科を卒業後、Vimeo、Eyebeamのアーティストフェロー、メトロポリタン美術館のメディアリサーチャーのを経て現在、ニューヨークでアーティスト活動、プロジェクションとLEDマッピングワークショップ、マッパソンの創設者, またスイスを拠点としたGarageCUBEにて、MadMapperとModul8に関わるコミュニティーマネージャーとして国内外で活躍している。アーティストとしては、LEDライト、プロジェクションマッピング、インタラクティブインスタレーション、VJやライブ構成の映像を主に作成。いろいろなメディアを使用しながら、幾何学的で視覚的な光のシンフォニーを作り出す。センサーを使い観客と一体化して光・映像と音の錯覚と驚きを体験できる作品を作る。

 

PastedGraphic-1
大屋 友紀雄(クリエイティブカンパニーNAKED Inc. プロデューサー)
1997年、村松亮太郎らとともにNAKED Inc.を設立。コンテンツプロデュース/クリエイティブ・ディレクションとともにコミュニケーション・プランニングを中心に活動。主な仕事として、「進撃の巨人プロジェクションマッピング ATTACK ON THE REAL」「ニコニコ超会議2016 NTTブース『NTT 超未来大博覧会2016』総合プロデュース」 「市川染五郎主演歌舞伎ラスベガス公演『Panasonic presents Wonder KABUKI Spectacle’KABUKI LION’』空間創造プロデュース」「山下達郎『クリスマス・イブ』20周年プロジェクト」「ラブライブ! 『スクールアイドルフェスティバル』シリーズCM」他多数。
http://naked-inc.com

 

TakeshiDoi_Unlit2
土肥武司(ディレクター/ヴィジュアルエンジニア)
UNLIT inc.代表。コンピュータグラフィクスとプログラミングを掛け合わせた映像表現を使い、インスタレーション・プロジェクションマッピング・プラネタリウム・ゲームなど、様々なフィールドでの企画、制作、開発を担当。自らがコンピュータグラフィクスやプログラミングに精通していることを活かしたコンテンツディレクション、プランニングを得意としている。PMAJと制作したコンテンツとしては、小田原城「花伐つ鎧」「五代の緒」、高知幕末志士舎中「夢しるべ」「想い」、日光東照宮石鳥居「a path on the ground」アミュゼ柏「ICHIYO」などがある。

 

【 モデレーター 】
moderator
石川 幸宏(▶HOTSHOT ファウンダー/編集長)
プロ映像制作技術の専門家として、大手メーカー製品のPRやSP(セールスプロモーション)のスーパーバイザー、コンサルタントとして活躍、また各種セミナーや映像関連イベント、映画制作などにおけるプロデュース、プランニング事業などを手がける。 映像技術専門のジャーナリストとして20年以上のキャリアを持ち、これまでビデオサロン、ビデオα、コマーシャル・フォト、月刊ニューメディア、PRONEWS等に寄稿多数。2016年秋より、ハイエンド映像クリエイティブのためのフリーペーパー&Webの新スタイルメディア“▶HOTSHOT”のファウンダー、編集長として就任。

 

michi_01
石多 未知行(一般財団法人 プロジェクションマッピング協会代表、クリエイティブディレクター)
映像を光として捉え、空間をダイナミックに演出する手法(ビジュアルライティング)を用い、国内外で幅広く活動。近年はプロジェクションマッピング(以下PM)を中心に展開し、専門の団体設立やネットワーキング等、その普及促進に寄与している。国内初のショーとしてのPM、日本で唯一の国際コンペ等の企画やプロデュース、国内初のPM企画展、そしてビジネスとしてのPMから、地域活性事業、講演、ワークショップなどの人材育成等、幅広い活動をしている。アートと町のこれからの在り方を見据えた活動も展開している。

=======================================

PMAJの会員以外の方もどなたでも自由にご参加いただけます。(学生さんも参加可能です!)
また、サロン終了後会場を移動しまして懇親会を行いたいと思っております。
多方面の方々と出会い語らうことで次のステップへ進めるきっかけになるかもしれません。

◆日時:2016年12月23日(金・祝)
    OPEN 13:30 START 14:00~17:00まで
◆場所:(一財)プロジェクションマッピング協会 ギャラリー
             渋谷区桜丘町29ー35 渋谷Dマンション501(渋谷駅より徒歩約5分)
◆定員:限定30名
◆参加費:一般:¥3,500 学生 / PMAJ会員:¥2,000※懇親会費は別途となります。

※懇親会(18:00~予定)はお店を予約致しますので、場所や料金は参加者の皆様にご案内致します。

◆ 定員になり次第締め切らせていただきます。
定員になりましたのでキャンセル待ちとなります。

【お申込み・お問合せ】
以下の内容を添えて info@projection-mapping.jp まで、お申し込みください。
件名: 『MAPPING SALON #4申込』
・氏名
・電話番号
・会社名と職種(学生の場合は、学校名と学科)
・年齢
・懇親会への参加・不参加