プロジェクションマッピング国際コンペティション 【1 minute projection mapping 2016】審査総評

2016-09-30 17:59:08

pm-competition2016

この国際コンペを始めてから5年目の節目となる今年、世界中から大変多くのご参加を頂き、企画主催者としてとてもありがたくこれまでに関わって下さった、多くのクリエイター、関係者の皆様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

We would like to appreciate all the people, who were involved in the 5th “1-minute projection-mapping” international competition including the creators, sponsors, staff and visitors. Without their efforts and supports, we could not make a great success on the event.

さて、年々規模も内容も充実させながら5年連続で「1 minute projection mapping」を開催し、今年は過去最多となる79のエントリーが実に25の国と地域から寄せられました。そして非常にレベルの高い作品が集まり、また表現の幅としてもとてもバリエーション豊かになり、充実したコンペティションとなりました。それは審査の困難さを表すことにもなるのですが、実際非常に難しい審査となりました。改めて審査のポイントを説明すると、以下の通りとなります。

This year we received 79 applications from 25 countries to the competition. The quality of projects is getting higher year by year. We were very happy that we could demonstrate one varieties of projection-mapping projects in the world this year. We could not demonstrate all projects because of the event schedule, but it was really hard for us to select only limited projects for the finalist. The following were the evaluation points.

①    オリジナリティ、先進性
②    映像制作技術、作品の美しさ
③    プロジェクションマッピングとしてのデザイン(対象建築物の利用)
④    テーマに対する答え、コンセプト
⑤    総合的な作品としての演出・完成度

①    Innovative Challenging
②    Visual Impact and technology
③    Harmony with building
④    Story based on our theme
⑤    Total Quality as a Projection Mapping

こうしたポイントを製作者の方々にも意識して頂きながら、コンペティションで賞を受賞するためには、作品としての強い存在感が必要となってきます。技術力が上がるほど、この作品性や個性が必要になってくると感じております。昨今は世界中の数多の作品がインターネット上で閲覧できるようになり、審査員はもちろん、鑑賞者の目も肥えてきており、そうした人たちの予想を越えた作品や結果が求められてきます。すでにプロジェクションマッピングは一般の市民権を得て、世界的に広がり、制作従事者も増えまさに過渡期としてピークを迎えております。その頂点から下降せずより高みを目指していくスタンスがこの後重要であり、こうしたコンペでそのことを目指すことでクリエイター達の新たな地平は広がるはずであり、事実広げてきてくれていると感じております。そして本年もその可能性を大いに見ることができました。

以下が本年度の素晴らしい受賞作品です。

In order to get awards in the competition, it is strongly required to develop a project matching to them as well as creative idea. Recently many high quality projection mappings have been posted online, and we can watch them on time. Therefore, it is more expected to create something new idea and technology that has not seen before. We consider it important to continue to meet the expectation in order to keep projection mapping as a media art and culture. Our goal is to promote projection mapping to more creators by providing the exciting opportunities like this event. In fact, we have convinced that we had several projects with strong potential this year, and we gave awards to them. The following are the awarded project this year.

 

[Grand prix]
EuroVideoMappingInternal Pulse(Germany)
https://youtu.be/ngb5QgmTixU?list=PLmdTVD5UxgGCvU1nUJvMRPZ7-ysRUwgcD
13_EuroVideoMapping
  

[Second prize]
QUA2DUODOOR(Japan)
https://youtu.be/N8Dk2bDFCkU?list=PLmdTVD5UxgGCvU1nUJvMRPZ7-ysRUwgcD
14_QUA2DUO

 

[Special Jury Awards]
AVA Animation & Visual ArtzMundo Escondido(Mexico)
https://youtu.be/oL3cqrOhpZ4?list=PLmdTVD5UxgGCvU1nUJvMRPZ7-ysRUwgcD
04_AVA-Animation&Visual-Arts

 

[Bordos ArtWorks special prize]
Akasha VisualizationCordyceps(Slovakia)
https://youtu.be/uaDNtE2SgKI?list=PLmdTVD5UxgGCvU1nUJvMRPZ7-ysRUwgcD
AKASHA-VISUALSTATION

 

NullPixel MultimediaLiminality(Mecico)
https://youtu.be/6AAOHvGS-HQ?list=PLmdTVD5UxgGCvU1nUJvMRPZ7-ysRUwgcD
liminality


 

[Niigata award]
YOYO miracle「CONNECT」(Japan)
https://youtu.be/jh4xk2DVPPc?list=PLmdTVD5UxgGCvU1nUJvMRPZ7-ysRUwgcD
12_YOYO-miracle

 

[Audience Award]
Yellaban Creative Media StudioEyesight」(Thailand
https://youtu.be/ZPWLHnqD6Sc?list=PLmdTVD5UxgGCvU1nUJvMRPZ7-ysRUwgcD
09_Yellaban-Creative-Media-Studio

 

本年度のグランプリはドイツのEuroVideoMappingによる作品が栄誉を勝ち取りました。この作品はプロジェクションマッピングのツボを抑えつつ、後半には挑戦的な表現を盛り込み、非常に高いレベルでバランスの取れたとても見応えのある作品となりました。前後半の二つの世界観が拮抗しているので、より特徴ある後半の世界観が高まると更に強い作品となったように感じます。

The best award was given to the EuroVideoMapping from Germany. This project has very high quality and strong challenging in the second half. It would have more impact if the first half and second half had a sharp contrast.

2位のQUA2DUOの作品は非常に斬新で圧倒的な存在感と印象を残した作品でした。テーマの「DOOR」や「ラップミュージック」の軸を非常に大事にし、そこをしっかり掘り下げているので、とても筋の通った完成度の高い作品となりました。音楽が徐々にアップテンポになるにつれ、観客をグイグイ引き込み、最後にはユーモアのある「オチ」を用意してくれて、見終えた時にはとても清々しくさえ感じました。

The second award was given to the QUA2DUO, which had a strong impact with new style.  They used rap music with the song based on the theme Door. Therefore, we could understand the story clearly. The rhythm is also well organized so that many audience could enjoy the music during the demonstration. The ending joke also did work.

3位(審査員特別賞)に関しては審査員の中で非常に議論がされました。今回受賞したメキシコのAVA Animation & Visual Arts以外にも多くの候補が上がり、審査員の点数も拮抗しておりました。最終的には映像の美しさ、テーマの分かりやすさなどがポイントとして上がり、この作品が3位を獲得しております。ただ演出のバリエーション、展開性(意外性)が弱く、そうした要素が加わるとより強い作品になると思います。

The third prize was given to AVA Animation & Visual Arts. There were several projects in the similar score, so it was a hard decision among the juries. We selected this project because the story was clearer than the others though the variation on visual effects and design were limited.

また審査時に審査員特別賞としてもう2点をプッシュしようと審査員から声が上がったのがスロバキアのAkasha Visualization、そしてファイナリストに残らなかった作品なのですが、メキシコのNullPixel Multimediaの作品でした。Akasha Visualizationの作品は非常に光と空間が美しく、審査員の間でも作品としての評価がとても高いものでした。NullPixelの作品はファイナリストに残らなかったのですが、前日の繰り上げ上映時にどうしてもこの作品に評価を与えたいという審査員からの強い意向が上がりました。とてもミニマルでシンプルな軸を持ち、とても尖った作品でした。
この2つの作品について、その後事務局で協議し、審査員特別賞として繰り上げさせて頂くことといたしました。加えてこちらで公表報告させて頂きます。

In addition to the awards, we decided to give two special awards to Akasha Visualization from Slovakia, and NullPixel Multimeda from Mexico.  The first one could demonstrate very beautiful lighting and space on the building.  The second one was not selected as a finalist, but demonstrated as a runner-up. Some jury pushed to give some award because it has a very unique minimal vision.

新潟市特別賞はYOYOmiracle,が獲得しましたが、とてもキャッチーなビジュアルと3匹の子豚というわかりやすい題材が多くの観客を魅了した作品でした。各子豚の家のデザイン、最後に狼が子豚兄弟に退治されるまでをテンポ良く飽きのこない演出で見せてくれました。

The sponsor award  (Niigata Award) from Niigata City was given to YOYOmiracle. They used a very popular and known picture book story ” Three little pigs”, so many people could enjoy the demonstration. The scenes of little pigs’ beating a wolf were developed and organized well.

オーディエンス賞は一般鑑賞者からの多くの票を集め、タイのYellaban Creative Media Studioが獲得しました。この作品は審査員からも評価が高く、「視覚」をテーマにした非常にコンセプチャルな作品でした。様々な視覚体験を印象的なグラフィックで演出し、とても印象に残る力強い作品となりました。
以上が受賞作品についての簡単なご紹介となります。

The audience award, which was selected not by juries but by only audience, was given to Yellaban Creative Media Studio from Thailand. This project was also evaluated very high by juries. The approach focusing on the vision with various visual graphics was very impressive.

本当に今年は一次の段階から選考が難しく、ファイナリストに残したい作品は他にもいくつもありました。その選考時にポイントとなったのは、他の作品と表現がかぶるもの、ティピカルな表現、プロジェクションマッピング表現としては弱いものが選考から漏れました。国際コンペということで参加者の国や地域によっても個性の幅がでてきますが、コンペティションとしてはそうした幅や新規性に重きを置く傾向にあります。今後よりファイナリストへのハードルは上がってくるかと思いますが、最初の一次選考では完成形での提示ではなくとも、この段階である程度方向性や完成のイメージ、オリジナリティといった世界観などを感じとれるものにして頂けたら可能性が広がると思います。

This year we had very hard time to drop many projects from the first round. We decided to drop the projects, which were similar to the existing mapping projects or similar concepts in order to demonstrate variety of mapping projects from different countries and cultures at the event. In short, it was evaluated higher to show strong and unique concepts clearly rather than technical effect with high quality.

この「1-minute Projection Mapping」国際コンペティションはおかげさまで5年の歴史を経ることができました。そして今後もよりプロジェクションマッピングの表現開拓、クリエイターの発表の場として、そして国際的なクリエイターの交流の場としても質を高め、マッピングシーンを盛り上げて参ります。日本は独自の歴史と文化を育んで来た国ですが、明治時代以降よりは海外からの文化・技術を幅広く取り入れ、アップデートして来ています。新たなもの、そして表現を進化させる場所としてはとても可能性に富んでおり、クリエイターにとっても刺激的な国であると考えております。そしてこの国際コンペがクリエイターの皆様はもちろん、多くの個人・企業の方々とっても化学反応を起こせる場所として、ご参入頂きたいというビジョンもあります。この企画にご興味を持って頂き、一緒に育てて行って頂けますと幸いです。

We are happy that we have offered this annual “1-minutes projection mapping” competition for 5 years. We are going to promote projection mapping by developing new approaches, providing mapping events to more creators, and offering more opportunities to share the skills and knowledge among us. We believe that Japan is a good and exciting place for artists to upgrade their ideas and minds. Japan has not only created very unique cultures, but also accepted and updated many technologies and culture from other counties. Through this competition, we would like to make the community in which many creators and design companies can collaborate together. We hope that you will work with us continuously.

最後に、ここまでにご関与頂きました、クリエイターの方々、スタッフ、関係者の方々、そして会場に足を運んでくださった観客の皆様にも、改めて感謝申し上げます。また来年皆様と一緒にプロジェクションマッピングの可能性に触れ、楽しい場を共有できることを楽しみにしております。

ありがとうございました。

Again, thank you for all the people who attended the event. We look forward to seeing you again and providing more exciting projection mapping event with you next year.

 

2016年9月30日
一般財団法人プロジェクションマッピング協会
代表 石多 未知行