Projection Mapping Workshop を開催します

2015-01-15 16:45:47

mapping-workshopProjection Mapping Workshop】 by CHiKA from Mappathon©

 プロジェクションマッピングワークショップを開催します。NYをベースに世界各国で作品発表やプロジェクションマッピングのワークショップを手がけるCHiKAさんをお招きし、プロジェクションマッピングの基礎~中級クラスの開催です。

MadMapperModule8というソフトを使用して、プロジェクションマッピングの手法について学んで行きます。ワークショップだけではなく、世界中で活動するCHiKAさんから、アメリカや海外の様子などを直接伺える良い機会でもあります。是非沢山のご参加をお待ちしております。日本語と英語での参加が可能です。

【概要】
■開催日:1/26(月)、27(火)
■時間:19:00~21:00
■会場:デジタルハリウッド東京本校(御茶の水ソラシティ4階 W15)
■受講料:9,000円(PMAJ会員、デジタルハリウッド学生、つくるFactory 登録者)、18,000円(一般)
■言語:日本語、英語
■参加資格:Macintoshのノートパソコンを持参できる。Macの基本操作が出来ること。
■定員:20名
■お申込み:info@projection-mapping.jpへ以下の内容を書いてメールして下さい。
 → お名前、所属、年齢、メールアドレス、経験、講師への質問、その他リクエスト
 ※ 会員の方は会員番号などもご明記下さい。
■主催:一般財団法人プロジェクションマッピング協会
■協力:デジタルハリウッド株式会社、Smart Work、IMAGIMA、Module 8、MadMapper

 【ワークショップの内容(Mappathon©について
マッパソンは、ハッカソンという集中的に共同作業をするソフトウェア関連プロジェクトのコンセプトを元に、短期間でプロジェクションマッピングの最新テクノロジー、映像作成、構成、立体物作成、複雑な表面や建築物にどのようにその映像を投影するかを学ぶワ-クショプです。このワークショップではMacintoshを用い、MadMapperModul8というソフトを使用します。

About mapping workshop program and Mappathon©
It is inspired by events called hackathons where computer programmers, graphic designers, interface designers and project managers collaborate intensively on software projects in limited time.

It teaches participants the latest technology for mapping video projections on physical surfaces, moving away from the traditional confines of the screen to sculptures and building facades.

The goal of these workshop are to create a projection mapping installations in site specific, where the participants create content for complex surfaces. Participants will learn the tools to work in with these forms, and work on the process of design. The primary tool taught in the workshop is the software package MadMapper and Modul8 for Mac.
http://www.mappathon.com

■講師プロフィール
【CHiKA】

LEDライト、ライブ構成の映像やインラーラクティブセンサーなどのいろいろなメディアを使用し幾何学的で視覚的な光のシィンフォニーを作り出す。観客は作品をの一部となり、映像、光、音の中から生まれた錯覚と驚きの中から何か新しい発見を体験できる。
ニューヨークのスクールオブビジュアルアート大学の写真学科、ニューヨーク大学院のインターラクティブテレコミュニケーション学科を卒業。その後ニューヨーク大学院、VimeoとEyebeamのアーティストフェローを経て、現在はアーティスト活動とプロジェクションマッピングワークショップ、マッパソンの創設者として、またアート教育者としてアメリカ、ニューヨークをベースに国内外で活躍している。

CHiKA started as a live VJ working with experimental sound composers, 8-bit musicians and club DJs almost a decade ago. She explored her work as an art practice, experimenting with improvisational communication with an audience in real time. 
Working across a variety of media, including LED-light, live video projection and interactive technologies, she is now transforming the energy of a live performance environment, provoking the public consciousness and awakening the public awareness through interactive installations. She creates what she describes as the symphony of light: minimalist geometric visuals that explore and invite the public to reinvent themselves through the relationship between images, light, and sound.
She has been a resident fellow at the NYU Interactive Telecommunications Program, an IAC/InterActiveCorp Teaching and Research Fellow for Vimeo, an Eyebeam resident artist and a BRIC Media Arts Fellow in 2015. 

As an educator, she is a founder of a projection mapping marathon workshop, Mappathon, teaching students projection mapping techniques, from concept to installation in 3 days. She moved to New York from Japan to earn her bachelor’s degree from the School of Visual Arts and holds a master’s degree in Interactive Telecommunications from New York University. She currently lives and works in New York.

Her work has been shown in numerous international venues and festivals, including the American Museum of Natural History, the Museum of Art and Design, NY Hall of Science, Eyebeam, Harvestworks, the Hammer Museum (San Francisco), San Francisco Art Institute, Centre d’Art Contemporain (Geneva), Museo Regional de Guadalajara, Matadero Madrid, and International Biennial Contemporary Art ULA-2010 (Venezuela), Mapping Festival (Geneva), Mutek (Montreal), Dumbo Art Festival and among others.

http://imagima.com