a path on the ground

「a path on the ground」@日光東照宮

2014-10-29 20:56:59

10/31〜11/2に日光東照宮の大鳥居でライティング+プロジェクションマッピングの演出を行います。紅葉する日光で、そして東照宮の神聖な空間で生まれる、繊細な光と映像の演出を静かにご体感下さい。

a path on the ground
「a path on the ground 」
   日光東照宮石鳥居 ライティングインスタレーション

【Concept】
見えないものに意識を及ばすということをテーマに作られた「on the ground」。 
そして、この日光東照宮も「見えない存在」と対話するところです。
今回、日光東照宮のために作られた「a path on the ground」 は、
その「見えない存在」との結界である鳥居へといざないます。

【Artist Profile】
高橋英明
音楽家 メディアアーティスト
mjuc、deep frame、nature blunt名義でのリリースの他、
「アワーブリンク」「on the ground」などの社会問題を絡めたメディアアート作品を
発表している。また近年、チームラボのアート作品の音楽も多数手がけている。
この9月にはCDと絵本のコンセプトアルバム「The Hole」をリリース。
東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。同大学大学院修了。

穴井佑樹 
メディアアーティスト
1987年生まれ、慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科修了。
在学中にヤックル株式会社を発足、デジタルプロダクトの開発から空間設計まで、ジャンルの垣根を越えた創作活動を行う。

【Produce】
土肥武司 
プロデューサー、ビジュアルエンジニア、映像ディレクター。

【企画・制作】
一般財団法人プロジェクションマッピング協会