1 minute projection mapping competition

Call for International mapping competition in MEDI-ARTz ZUSHI 2014

2014-06-09 07:38:06

1minpm_2014-imageプロジェクションマッピング国際コンペのご案内(日本語の要項は後半にあります。)

MEDI-ARTz ZUSHI 2014 (ex. Zushi media art festival)
Projection Mapping International Competition vol.3

Call for 1-Min Projection Mapping Competition!
Theme: “WA” (Harmony, Peace, Balance, and Japan)

English document (11th June, 2014)
日本語要項
(2014年6月11日現在)
<Application>

[Abstract]
In recent years, 3D projection mapping has become popular and has been increasingly demonstrated and showcased around the world. As a growing facet of the field of media arts, it is necessary for creators to make more challenges in order to develop more creative and innovative art works. We consider that it will be more important for creators to establish their own styles and brand values. Creators are asked to explore more global activities and fields in the current competitive market of projection mapping.   

The one-minute projection mapping competition began in 2012 as a part of the Media Art Festival (the title is changed for ‘MEDI-ARTz ZUSHI’) held at Zushi city in Japan. This is the third competition and the fifth mapping show using the same building. We hope that it will be a representative event on mapping. All participants share the same building formats and therefore they are able to compete equally in the same condition. All works are restricted to one minute in length. They will need to demonstrate their “Individuality”, “Technique”, “Novelty”, “Performance” and “Storyline” in this limited amount of time. We set the theme as “WA”, which is a Japanese word meaning “harmony”, “peace”, “balance”, and “JAPAN”.  We would appreciate expressing the theme throughout the mapping art works.

Last year, many creators from Japan, Brazil, Italy, Canada, UK, Indonesia, and France joined the competition. A Japanese creator, FLIGHTGRAF, won the competition. After the competition, he joined our practical mapping event in Kashiwa city as a main creator.

We call for attractive and challenging mapping art works. We are looking forward to seeing new creators and their success through this competition.

[Location and Scale]

Your projection mapping project will be demonstrated on a real existing building.
-        Zushi Bunka Plaza (cultural center), Festival Park (4-2-45, Zushi, Kanagawa)
-        The size of the building for the projection: 13 (height) x 45 (width) meters. 

[Format]
The applicant is required to submit a movie file. The format is:
-        Resolution: 3072 x 1024 pixels (We use two or three projectors)
-        Frame Rate: 30/fps
-        Length of film: 60 – 119 seconds
-        Format: QuickTime
-        Sound: Required (it should be included in the image data, or should attach AIFF, WAV data which should be the same length as the film)
-        Theme: Required some contents of “WA”. 

[Event Date]
The projection mapping show will be held on:
-        September  19th (Press Review, Reception)
-        September  20th (Show)
-        September  21st (Show and Judge)
We will also show the event online @ USTREAM (October 5th and 6th)
http://www.ustream.tv/channel/medi-artz-1minpm

 [Important Dates]
Registration: August 1st (Fri)
Submission: August 31st (Mon)
* Let us know if there is any problems with submitting the files. 

[Selection]
We will select the best 10 – 15 projects to show at the Zushi Media Art Festival 2013. The selection is made by our judges before the event.
* We may not be able to play the film if we find a serious problem such as incompletion, improper context, copyright violations, and inadequate data. Look at the [Note when you apply] section below.

 

[Registration]
The applicant is required to register for the competition by sending the following information by September 13.
-        Film data (URL to download)
-        Title
-        Name of creator, team, and profile (200 words maximum)
-        A representative captured image: We will use this image on our home page.
-        A portrait or team logo. 
-        Concept of the work and description (200 words maximum)
-        Contact Info (email, address, phone number)
-        URL of you home page if you own one
-        Please let us know if you have certain requests or need equipment.
-        E-mail the information above to info@projection-mapping.jp  (Head Office) 

[Final Submission]
The applicant is requested to upload their final product online using FTP or Internet data sharing service . Once the upload is completed, let us know the URL or FTP by e-mail.

[Resources for Projection Mapping]
The resource files for our projection mapping competition are available online.
-        2D format data (Illustrator、AfterEffects) & 3D data (General 3D data, 3D Studio Max)
-          https://www.dropbox.com/s/8917uy87pke724a/maz_1minPM_format.zip 
Image of the location: https://www.dropbox.com/s/tlhj6nasdru7rf0/images.zip

[Notes when you apply]
Your work will not be accepted in the following cases:

  1. It is not ‘projection mapped’ and nothing related to the theme
  2. It is not playable
  3. It contains an offensive expression such as a strong religious and political message

If you have inevitable reasons and you won’t be able to submit the data by the deadline, please contact us with the reason and when you can submit. It is applicant’s responsibility to obtain the permission required to use copyrighted materials such as picture, movies, and music. We are not responsible for any trouble regarding copyrights. If we discover or are made aware of an infringement of any rights, this creator will lose his or her rights to join the competition and also the prize will be taken away. We are expecting many people regardless of young and oldto visit this event on the day of the show, thus sexual, religious and political messages should be limited.

[Prizes]
We award the following four prizes in the competition.
-        Grand Prize: Plate, supplemental prize, and an invitation of practical mapping event as a main creator
-        Semi-Grand Prize: Plate, supplemental prize
-        Special-Judges-Prize: Plate, supplemental prize
-        Audience Prize: Plate, supplemental prize

[Judges]
-        Mr. Ryuichi Hirai : Mayor of Zushi, JAPAN
-        Mr. Ryotaro Muramatsu : NAKED Inc. CEO
-        Prof. Masayuki Akamatsu: Professor at Institute of Advanced Media arts and Sciences
-        Michiyuki Ishita: Head Director at Projection Mapping Association of Japan
-        Mr. Tetsuo Yamashige : Art Director of Nakanojo biennale and Zushi Art Festival2014
-        Others 

[Copyright Issue]
All Copyrights of the works belong to the creators and also MEDI-ARTz ZUSHI, and Projection Mapping Association of Japan hold the rights to use them as an advertisement and report of this event. 

[References]
Some works from 2013 are available at http://youtu.be/gT3Mpe5Ldos
Some works from 2012 are available at http://youtu.be/QeSKhE_eNWw

Host: MEDI-ARTz ZUSHI Executive Committee

  • Plan, Production: MEDI-ARTz ZUSHI Executive Committee, General Foundation of Projection Mapping Association
  • Lead Producer: Michiyuki Ishita, Head director @ Projection Mapping Association of Japan (PMAJ).
  • MEDI-ARTz ZUSHI2014 (ex. Zushi Media Art Festival) WEB page : http://www.medi-artz.com (under construction)

 [ Contact info]
Projection Mapping Association of Japan / Head Office: info@projection-mapping.jp

 

メディアーツ逗子2014
プロジェクションマッピング国際コンペティション

1 minute projection mapping作品募集!
コンペテーマ「Wa」

 <募集要項>

【募集にあたって】
 この数年に渡ってプロジェクションマッピング事例は増え続け、そして日本全国へと広がっています。しかしながら、質の高い物、新しいクリエイターや新鮮な表現という部分では欧米の遅れを取っております。この表現はとても自由度の高いものですが、その自由さ、可能性をさらに高めて行くには、クリエイターの挑戦が不可欠です。その個性と技術を磨くことで、クリエイターとしてのアイデンティティやブランドを構築して行く事ができます。そして今後それはとても重要な課題となってきます。様々な物が国際化する中、クリエイターの活躍するフィールドや考え方はもっと外へと向いて行かねばなりません。

 この場所でのプロジェクションマッピングは2010年に始まり、5年目を迎える節目です。そして国際コンペは2012年より始まり、今年は3回目を迎えます。同じ建物のフォーマットを全クリエイターが共有し、同じ条件で表現を競います。しかもその表現時間は1分〜1分59秒と短い尺に限定されています。短い中にクリエイターの「個性」「技術」「演出力」「ストーリー性」「新しさ」そうしたモノを盛り込まねばなりません。そして今年はテーマとして「Wa」が設けられます。この言葉の意味としては、「輪」「平和」「調和」「束ねる/和える」そして「日本」といった意味が考えられます。このテーマの中で自由に表現して下さい。
 昨年は日本の他、ブラジル、イタリア、カナダ、イギリスといった国々のクリエイターが参加し、その表現が競われました。グランプリはFLIGHTGRAFという個人クリエイターでした。その後、柏市の駅前で行われた年末の大規模なプロジェクションマッピングに加わって貰い、新たなステップを踏んでもらいました。
 そして今年は一体どんなクリエイターが次の新しい晴れ舞台へ向かうのでしょうか?
 審査員や観客の心をつかむ、皆さんの新しいプロジェクションマッピング作品をお待ちしております!

【プロジェクションマッピングの会場と建物のサイズ】
・逗子文化プラザ、フェスティバルパーク(神奈川県逗子市逗子4丁目2ー45)
・投影面となる建物のサイズ:高さ約12.5m、横幅約45m 

【提出映像コンテンツ内容】
・解像度:3072 x 1024(2画面、または3画面に分けて出力される予定です)
・フレームレート:30/fps
・映像形式:Quicktime形式
・コンテンツの長さ:1分〜1分59秒迄
・音声:有り(音声は映像コンテンツと同じ時間でAIFFかWAVデータとして添付)
・テーマ:Wa(輪、調和、平和、融合、日本といった意味を含めること)

【作品の上映】
・上映日:9/19(プレスプレビュー、レセプション)9/20(一般上映)、9/21(一般上映、審査、発表)
・WebでのUSTREAM中継による上映(9/21):http://www.ustream.tv/channel/medi-artz-1minpm

 【募集期間】
 ・エントリー締め切り: 8月1日(金)
 ・最終実データの納品:8月31日(月)まで(遅れる事情がある場合はご一報下さい)

【最終上映作品総数】
10〜15作品を予定(事前に内容を審査した上で決定します。上映されない場合もありますのでご了承下さい)
※審査を通過した作品も最終的な作品の状態(完成度、内容的な問題、著作権侵害、データ不備等)によっては放映されない場合があります。最終上映作品は申込者に事前に通知いたします。
※上映選外になった作品は、一般上映後に記録撮影をいたします。(9/20の深夜に音声は流さず映像のみ)

【提出物と応募に関する情報】
 ・作品の動画データ(ダウンロード用のURL)
 ・タイトル
 ・作者、チーム名、プロフィール(200字程度)
 ・作品のキャプチャー画像1点
 ・顔写真、ロゴ等の画像あれば
 ・作品コンセプト、テーマや内容に対しての説明(200字程度)
 ・代表者連絡先(E-mail、住所、電話番号)
 ・ホームページURL(あれば)
 ・その他特記事項、留意事項
 ・提出先:info@projection-mapping.jp(プロジェクションマッピング協会 事務局)

【提出送付方法】
 ・インターネット上のサーバ等にアップロードしダウンロード用のURLを送付

【応募用プロジェクションマッピングのフォーマットデータのダウンロード】
 ・https://www.dropbox.com/s/8917uy87pke724a/maz_1minPM_format.zip
 (2D+3Dデータ(汎用3Dデータ(FBX)、3DStudio Max)
 ・会場イメージ:https://www.dropbox.com/s/tlhj6nasdru7rf0/images.zip

【応募に当たっての留意事項】
・以下の様な応募状態の場合、応募作品として登録されない場合があります。

  1. フォーマットと関係がない映像になっている場合(マッピングされない映像作品の場合)
  2. 映像データが再生出来ないデータで有った場合。
  3. 鑑賞者が著しく気分を害する恐れのあるもの、強い宗教観や、政治的メッセージを有したもの
  4. 時間が規程の時間より短い、または超過しているもの
  • やむを得ず募集期間に間に合わない場合は主催者側へ理由と応募時期を相談してください。
  • 投影時に特殊な作業や仕掛け(センサーやカメラの使用、映像以外のパフォーマンス要素など)がある場合は事前にご相談下さい。
  • 応募作品に使用された写真/映像/音楽/効果音等の素材は、応募者自身が著作権等をクリアした上でご応募下さい。これに掛かるクレームやトラブル等は主催者側では対応致しかねます。また各種権利を侵害している作品はコンペへの参加資格を失い、その発覚が受賞後であった場合は取り消されます
  • 実際に上映される会場では一般の子供からお年寄りまで幅広い方が観賞します。過度な刺激のある表現、性的なもの、宗教や政治的なメッセージを含む内容はご遠慮ください。

 

【コンペの賞と副賞について】
・グランプリ:賞状、副賞、PMAJが行うプロジェクションマッピング企画のコンテンツ制作受注の権利
・準グランプリ:賞状、副賞
・審査員特別賞 :賞状、副賞
・オーディエンス賞:賞状、副賞

【審査員】
・平井 竜一(逗子市長)
・村松 亮太郎(NAKED Inc. 代表)
・山重 徹夫 : Art Director of Nakanojo biennale and Zushi Art Festival2014
・石多 未知行(プロジェクションマッピング協会 代表理事)
・他

※オーディエンス賞は、上映初日の来場者による投票により決定いたします。(他の賞と重複する可能性もあります)
※グランプリが受注する企画については別途ご案内いたします。

【その他】
応募作品の著作権は制作者に帰属致しますが、主催者、共催者、メイン協賛者、及びプロジェクションマッピング協会が、同企画の広報や報告、またプロジェクションマッピングやフェスティバルの事例紹介等で自由に使用することが出来るものとします。

【参考動画】

■主催:逗子アートフェスティバル実行委員会、メディアーツ逗子実行委員会
■企画・制作:メディアーツ逗子実行委員会、一般財団法人プロジェクションマッピング協会
■総合プロデュース:石多 未知行(プロジェクションマッピング協会 代表)
■メディアーツ逗子ホームページ:http://www.medi-artz.com(制作中)
■逗子メディアアートフェスティバル ホームページ:http://zushi-maf.info/

【お申し込み、各種お問合せ】
 info@projection-mapping.jp(一般財団法人プロジェクションマッピング協会 事務局)